シモダテツヤ氏に聞いた、“ギリギリセーフ”の発想術とは? 前編(全2回)

ADC_3701

10.Nov.2011

取材・構成

株式会社ロフトワーク
 

会社の企業理念が「がんばるぞ!」だけだったり、制作案件を見れば「インド人完全無視カレー lインド人のアドバイスを完全無視!」と明記されていたりなど、会社HP内を開けば信じられないコピーが飛び出す。それでも誰にも「ふざけるな」と言われない。それどころか、クライアントワークから独自の自社カルチャーを創造し、話題性をかっさらい続けているWebコンテンツ制作・運営会社、それが株式会社バーグハンバーグバーグ(以下BHB)だ。

 

こんなにふざけていて大丈夫なのか、と。サイトを見れば誰もが思ってしまうこと。

しかし普通であれば、せいぜい地図や電話番号を調べて終わり…のオフィス紹介ページに多数のリツイート数が表示されていたり、コメントが寄せられていたりするということは、実はちょっとすごいことなのだ。取引先を見ると、NTTコミュニケーションズ株式会社「OCN 年間キーワードランキング」、株式会社ナイキジャパン「NIKE+ 公式ブログ」、株式会社リクルート「R25」、株式会社博報堂と、一流企業の名前ばかりが並んでいてドキリとさせられる。「えっ、でも、これもウソなのでは?」。そう思うころには、すっかりBHBのファンになってしまっている。企業Webサイトとして、この影響力はすごいことではないだろうか?

それに、ネットやソーシャルメディア上では、 「オモコロ」、「バーグハンバーグバーグ」というワードが話題になっている。その仕掛人であるシモダテツヤ氏とは、どんな人物なのか? いかにしてこの会社を、そしてサイトを産み出しているのだろうか? 今回は、その活動の信念を探ってみることにした。BHBの世界にしばし浸る、濃厚なインタビューをご覧ください。

聞き手:太田聡(株式会社ロフトワーク クリエイティブディレクター)

 

シュールとネットは相性がイイ!

BHBは、就活サイトや企業のプロモーションサイト、映像制作など、様々な仕事を請け負うWebコンテンツ制作会社である。現在、そのBHBに業界内から熱い視線が集まっているらしい。

百聞は一見にしかず。まずは、そのBHBで話題になった最近の実績からを見てみよう。

『イケてるしヤバい男 長島からのお知らせ』

このサイトは一体何なのだろう? そもそも、長島って誰だ!

シモダ氏はサイト制作の経緯をこのように話す。

「長島さんは、とある仕事で知り合ったクライアントの方です。ある日突然、『個人的にお仕事お願いしていいですか?
内容は決まってないんです』と相談を持ちかけられて、話を聞きに伺ったのがきっかけですね。内容が決まってない相談って初めてだったので何をしたらいいんだろうって思って、そこで、最近悩みはありますか?
と訊ねたら、『彼女がずっといないんです』と。じゃあ、婚活サイトを作りましょうかと、ご提案したんです。考えてみれば婚活サービスはいっぱいあるけれど、個人の婚活サイトはありませんよね。これまで誰もやっていなかったことですし、長島さんの婚活サイトを作ることにしました」

なるほど。“イケててヤバいこと”以外、ほとんど何も分からない婚活サイトは唯一無二かもしれない。

「たとえば身長の高さも、ヒグマと比べることで、やっぱり四足歩行と二足歩行ってこんなに高さが違うんだよって分かるじゃないですか。かなりの差があるわけです。あと、この高度情報化社会においてパソコンが使えるだけでなく、文明社会において字が書けるのも、すごいことじゃないですか。完全に、イケてるしヤバいんですよ」と、シモダ氏は続ける。

確かに…すごい…のか!? しかし、これがソーシャル上での反響はすさまじいのだ。

「イケてるしヤバいってフレーズは、ついつい口にしたくなるじゃないですか。こういう頭が悪そうな語感とかは大事にしていますね。そもそも、シュールとネットはすごく相性がいいんです。シュールっていうのは言い換えると、ボケが延々と続いている世界のことです。インターネットでは、ツッコミがユーザーから入ってくる。だから自己完結しないで、ボケっぱなしがいちばん大事なことかなと、ぼんやりと思っています」

この婚活サイトは、最初から最後までニヤニヤしながら読んでしまう。そして、誰かに教えたくなる。これこそまさに、Twitterの関連ツイート数=8,000の実力だ。長島おそるべし!

この長島という謎の男に、婚活サイトを提案したシモダ氏。一体、何を考えているのだろうか!?

シモダテツヤ

株式会社バーグハンバーグバーグ
代表取締役

2004年に株式会社paperboy&co.に入社。「ロリポップ!レンタルサーバー」などのマーケティング業務の傍ら、個人でお笑いポータルサイト「オモコロ – あたまゆるゆるインターネット」を立ち上げる。2010年5月に、株式会社paperboy&co.を退社し、2010年6月に「株式会社バーグハンバーグバーグ」を設立した。ホームページ制作からWebを中心としたプロモーション企画を幅広く手がける。主な取引先はNTTコミュニケーションズ株式会社、NTTレゾナント株式会社、株式会社リクルート、株式会社博報堂など。

More Contents

太田聡

株式会社ロフトワーク
クリエイティブ・ディレクター

大学卒業後、服飾雑貨店に勤務。店長として店舗全体の管理・統括を行い、数々のセールス企画を成功に導く。その後2006年ロフトワークに入社。5000 点のモバイルコンテンツの制作から数万ページ規模のサイトのCMS構築などを手掛ける。動物と自然をこよなく愛するネイチャー系ディレクター。

More Contents

  • Top
  • Ideas
  • シモダテツヤ氏に聞いた、“ギリギリセーフ”の発想術とは? 前編(全2回)

You might like these

徳間貴志ワークショップ『可視化で導くインサイト〜なんとなく理解からの脱却』

WORKSHOP

「可視化(ビジュアライゼーション)」を上手く活用しコミュニケーションを円滑にさせ、相手の“要望や課題の抽出”をする方法を習得します。 「打合せでは、メモを取れ」とよく上司に言われた新人時代。確かに、...

2015年09月03日 19:30〜21:30

loftwork COOOP(渋谷区・道玄坂)

Nov.10.2011 UP

弟子入りゲーム&インタビュー設計ワークショップ in 京都

WORKSHOP

❏本講座の特徴 サービスや製品開発で注目を浴びる“インタビュー手法”を体験 さらに自身でインタビュー設計ができるようになるイベントです。 ①「弟子入りゲーム」 インタビューの基本原理は「ユ...

2014年05月31日 13:00-18:00

ロフトワーク烏丸

Nov.10.2011 UP

ワークショップデザインは創造の“起爆剤”である〜安斎勇樹インタビュー

IDEAS

今やさまざまな場面で「ワークショップ」という言葉を耳にする。ラーニングイベントとして行われることはもちろん、企業が自社の課題やテーマに取り組むことも多く、面白いワークショップを行なっていることが、企業...

Nov.10.2011 UP

クリエイターが自身をマネージメントする! 〜『クリエイターのための“やさしい”経営講座』の講師による事前座談会

IDEAS

OpenCU WrokShopのラインナップに、クリエイターに向けた、「事業の組み立て」から「組織の成長」までゼロからわかりやすく学べる、法律や会計の専門家がお送りする講座『クリエイターのための“やさ...

Nov.10.2011 UP

樽本徹也さんと学ぶワークショップ「アイデアを生み出すUXリサーチ」が目指すもの

IDEAS

10月から〈メルマガ×リアルイベント〉で構成されるワークショップ「ユーザーに弟子入り!アイデアを生み出すUXリサーチ」がスタートします。講師をつとめる利用品質ラボ代表の樽本徹也氏にワークショップの背景...

Nov.10.2011 UP

なぜ、「グラフィックファシリテーション」が必要とされるのか? 〜コミュニケーションプロセスデザイナー 井口奈保

IDEAS

取材・構成 OpenCU編集部急成長したベンチャー企業がメディアで取り上げられるたび、その企業が持つ“アイデア発想法”が話題になる。もしあなたがポジティブなビジネスパーソン、あるいはクリエイターであ...

Nov.10.2011 UP