openCu

WORKSHOP

顧客を巻き込むストーリーマッピング

製品やサービスをエンパワーメントする共感の引き出し方

小山龍介

AUG. 03 201719:30-21:30

loftwork COOOP 10

23 / 24
3313

終了

“体験したら忘れられない、つい人に語ってしまう”ような
パワフルなストーリーを紡ぎ出す手法を学ぶ

モノからコトへ。モノのスペックだけでは顧客を満足させるようなユーザー体験を提供することはできず、コトのデザインが求められています。そんな中、品質や機能以上に、それらの持つバックグラウンドや世の中へのインパクトや共感などの、“ストーリー”に注目が集まっています。
 

ストーリーには、人を巻き込む力があります。古来から、子孫に伝えるべき重要な情報は神話として伝えられてきました。このワークショップでは、そのストーリーを開発や運用に活用する手法を体験できます。その神話のアーキタイプ(原型)をもとに研究されたストーリーの型(ナラティブアーク)を取り入れ、ユーザーが夢中になるようなストーリーを描き出します。
 


ナラティブアークのグラフ例

 
今回のワークショップは、“体験したら忘れられない、つい人に語ってしまう”ような、パワフルなストーリーを紡ぎ出す手法を学ぶことができます。さらにそれを作成した上で、プレゼン、商品開発、ビジョン策定などへの活用方法などをお伝えします。
 

なお、本取り組みの着想となっているのは以下の2つの書籍。それらの書籍の冒頭でストーリーの持つ力やその活用方法が詳しく紹介されています。またワークの実施方法も掲載されており、実践のための書籍となっています。

14c1b9e7b12bff39c25cea1614abee29
ユーザーストーリーマッピング』(オライリージャパン)
 
284
ストーリーマッピングをはじめよう』(ビー・エヌ・エヌ新社) 

 

それを受け、OpenCUを運営するデザインカンパニー・ロフトワークのクリエイティブ・ディレクターチームと、『ビジネスモデル・ジェネレーション』の翻訳者であり、さまざまなビジネス手法を提供するブルームコンセプトの小山龍介さんとストーリーマッピングを実案件に活用するためのワークを設計しました。小山さんは、文化庁の日本遺産プロジェクトにも関わり、地域の文化遺産をストーリーで紡ぐ仕事にも取り組まれています。

25088932345_171c5c7481_z

このワークを通して、ストーリーの持つ効果と、それをプロジェクトに導入するポイントなどを実践とともに学んでいきます。

ワークの流れ

DAY01

講義:ストーリーが強力な理由、ストリーマッピングが必要な理由
・自己紹介をストーリーマッピングする
講義:3つのストーリーの活用方法
・カスタマージャーニーマップにより現状のユーザー体験を共有する
講義:ストーリーの構造とナラティブアークの効果
・ストーリーマッピングを元に新たな要素を加え施策化
・ユーザー体験にナラティブアークを設定し、新しいユーセージストーリーを描き出す
・新しいストーリーがもたらすユーザー体験を具体的にデザインする
・ストーリーを測定するスマイルテスト
 

DAY02

・製品の見せ方や伝わり方をコンセプトストーリー化する
・顧客を獲得するまでのオリジンストーリーを設計する
・施策を元にプロジェクトデザインを行う(設計/制作/コミュニケーション/運用など)
・効果的にプレゼンするためのエレベーターピッチをストーリーマッピングする
・チーム発表

こんな人におすすめ

・製品/サービスの設計者
・ジャーニーマップや共感マップをもとに新しい価値を生み出したい人
・製品やサービスを広報する戦略を設計したい人
・ストーリーを提案に盛り込みたいプロデューサー

INFORMATION

日 時 :
場 所 :
loftwork COOOP 10
参加費 :
5,000円

※領収書発行

定 員 :
24名
出 演 :
小山龍介

loftwork COOOP 10
東京都渋谷区道玄坂1-22-7 10F

SPEAKER / GUEST

小山龍介

株式会社ブルームコンセプト 代表取締役/名古屋商科大学ビジネススクール准教授/一般社団法人ビジネスモデルイノベーション協会 代表理事

 

1975年福岡県生まれ。京都大学文学部哲学科美学美術史卒業。大手広告代理店勤務を経て、サンダーバード国際経営大学院でMBAを取得。卒業後、松竹株式会社新規事業プロデューサーとして歌舞伎をテーマに広告メディア事業、また兼務した松竹芸能株式会社事業開発室長として動画事業を立ち上げた。2010年、株式会社ブルームコンセプトを設立し、現職。

コンセプトクリエイターとして、新規事業、新商品などの企画立案に携わり、さまざまな商品、事業を世に送り出す。メンバーの自発性を引き出しながら商品・事業を生み出す、確度の高いイノベーションプロセスに定評がある。

翻訳を手がけた『ビジネスモデル・ジェネレーション』に基づくビジネスモデル構築ワークショップを実施、ビジネスモデル・キャンバスは多くの企業で新商品、新規事業を考えるためのフレームワークとして採用されている。

2013年より名古屋商科大学ビジネススクール客員教授、2015年より准教授として「ビジネスモデルイノベーション」を教える。さらに2014年には一般社団法人ビジネスモデルイノベーション協会を立ち上げ、代表理事に就任。2016年より文化庁嘱託日本遺産プロデューサーとして、日本遺産認定地域を訪問しアドバイス業務を行う。

著書に『IDEA HACKS!』『TIME HACKS!』などのハックシリーズ。訳書に『ビジネスモデル・ジェネレーション』など。

著書一覧

公式ページ:http://www.ryusukekoyama.com/

ORGANIZER / SPONSOR

OpenCU

株式会社ロフトワークが運営する学びをシェアするためのプラットフォームです。渋谷・道玄坂を中心に、毎月5〜6回のイベントを開催し、現在約7000人のメンバーが登録しています。扱うテーマは、主に「クリエイティブ」「デザイン」領域。クリエイターや有識者によるトークセッション「EVENT」、プロフェッショナルの知見を共有し、体験しながら学びを得る「WORKSHOP」、アイデアをシェアするWebコンテンツ「IDEAS」の3つのコンテンツを提供しています。https://www.opencu.com/

 

TICKET

顧客を巻き込むストーリーマッピング2017.08.03

参加希望の方は、チケットを選択して「チケット決定」からお申込みください。
(OpenCUへのログインが必要となります。)

お支払い方法Powerd by stripe

チケット購入・キャンセル方法について「利用案内」をご覧ください。

完了完了

チケットのご購入ありがとうございます。

詳細は登録メールにご送付しました。 それでは、イベントへのご参加お待ちしております。

キャンセルは、参加キャンセルフォームよりお知らせください。