いま現実は、ここまで拡張できる AR三兄弟インタビュー

ttl-1001_03

26.May.2011

取材・構成

株式会社ロフトワーク

今回は、拡張現実=ARの第一人者として知られるAR三兄弟の長男・川田十夢さんと、次男の高木伸二さんが登場。拡張現実の“今”を存分に語っていただいた。セカイカメラなど、やや尖った技術の印象があったARは今、スマートフォンの広範な普及にともなって、表現のいちジャンルとして確実に一般市民権を得てきている。ビジネスの領域においても、今後、コンテンツ企画やプロモーションを考えるとき、ARが選択肢に入ってくることも予想される。本特集では、AR三兄弟の魅力から、AR入門、そして最前線までを標榜しよう。(Webエキスパートより転載)

拡張現実で実現した、未来のファッションショー

まずこの動画を見てほしい。AR三兄弟がファッションブランドのシアタープロダクツとともに手がけた、世界で初めてAR空間で行われたファッションショーだ。

間取り図にカメラをかざすと、AR空間上にモデルが出現。その部屋でのライフスタイルに関連したテーマでショーが展開される仕組みだ。 「元々のアイデアは、実際に建物を借りきってやる予定だったんです。そこには、例えばバスルームなどいろいろな部屋に服が脱ぎ捨てられている。そして服にセンサーをつけておいて、それらが拾い上げらると、その服が脱がれるまでの生活にヒモづいたファッションショーが、実際の部屋のAR空間上で始まる。これはそのアイデアを紙の間取り図上に移したもので、現場に足を運ばなくても、拡張現実で繰り広げられるファッションショーがいつでも、どこでも楽しめるようにしたものです」と、AR三兄弟の川田さんは話す。 ここで少し拡張現実=AR(オーギュメンテッド・リアリティ)というものについて整理しておこう。SFなどで多用される、仮想現実=VR(ヴァーチャル・リアリティ)とどう違うのだろうか? しばしば混同されがちなこの2つは、リアリティ(現実感)を体感させるという点では同じものだ。しかし、現実を媒介にして情報を配置する拡張現実=ARか、それとも仮想の現実を媒介にして情報を配置する仮想現実=VRかという大きな違いがある。 上の動画では、実際に存在する紙媒体に描かれた間取り図の上で、情報としてのファッションショーが配置されているから、これはARなのだ。実際には存在しないファッションモデルが、カメラをかざすことで、目の前の現実の上に現れる。 「ファッションショーって赤じゅうたんのランウェイに専門家が集まってくる閉鎖的な感じがしてならない。でも、現実の世界のファッションショーって、もう確立してしまった現実だから、そこから進化できないんです。じゃあ、拡張した現実からだったら、変えられるんじゃないか? と思って、部屋を使ってファッションショーをやるという少し新しい概念を、ARからやりたいと思ったんです」と川田さん。 これは何もファッションショーに限ったことではない。メディアも思想も、カルチャーも技術も。もはや入り込む隙も無いほどに閉塞的に成熟している。もはやその現実の上に乗っても、新しいことはできないのかもしれない。 ARは、こんな今だからこそ、もっともクリエイティブな現実なのだ。それは、拡張された現実から、現実そのものを変えてしまう可能性すらも宿している。

AR三兄弟の最近のお仕事を紹介。NHK、銀河鉄道999、TV Bros.とのコラボレーション。 この作品ではマーカー(黒地に白抜きの「999」)をカメラにかざすことで拡張現実が目の前で展開される
  • Top
  • Ideas
  • いま現実は、ここまで拡張できる AR三兄弟インタビュー

You might like these

[loftwork.com]もじモノナイトマーケット

EVENT

8月10日(木)夜、FabCafe Tokyo にて、クリエイターたちが日本語の「もじ」を主役としたオリジナルグッズの販売やワークショップを行う、一夜かぎりのマーケット『もじモノ ナイトマーケット』を...

2017年08月10日 18:00-22:00

FabCafe Tokyo

May.26.2011 UP

顧客を巻き込むストーリーマッピング

WORKSHOP

モノからコトへ。モノのスペックだけでは顧客を満足させるようなユーザー体験を提供することはできず、コトのデザインが求められています。そんな中、品質や機能以上に、それらの持つバックグラウンドや世の中へのイ...

2017年08月03日 19:30-21:30

loftwork COOOP 10

May.26.2011 UP

坂本明浩:光・影・色をデザインしてストーリーを作る

EVENT

演劇やダンス、ライブの舞台照明はシーンを作る立役者です。同じ演技でも照明の当て方次第で、様々な印象を与えることができます。舞台照明家という仕事があることでも分かるように、舞台表現における、照明の役割は...

2017年06月13日 19:00-22:00

loftwork COOOP(渋谷区・道玄坂)

May.26.2011 UP

三谷宏治「発見✕探究」力向上ワークショップ(再再演)

EVENT

本ワークショップは、ご好評につき数日でソールドアウトした、2016年11月、2017年3月開催【三谷宏治「発見✕探究」力向上ワークショップ】の再再演として開催されます 前回参加者のアンケート...

2017年06月21日 19:30-21:30

loftwork COOOP(渋谷・道玄坂)

May.26.2011 UP

三谷宏治「伝える技術」ワークショップ

WORKSHOP

ビジネスにおけるコミュニケーションの問題はいつの時代も大きな関心事です。巷には、「5W2H」「◯◯マトリクス」「ピラミッドストラクチャー」など多くの手法が溢れ、ビジネススキルとしての重要性は認知されて...

2017年05月23日 19:30-21:30

loftwork COOOP(渋谷・道玄坂)

May.26.2011 UP

モーターと歯車 -vol.1-

WORKSHOP

学び合いのプラットフォーム「OpenCU」の新企画として、近年再評価されているアナログ的なものづくり手法を実践するシリーズ「opencu analog」を始動します。    ...

2017年04月24日 19:30-22:00

FabCafe MTRL(渋谷・道玄坂)

May.26.2011 UP